映像展示のお知らせ

 

京都精華大学50周年記念展「石黒宗麿と八瀬陶窯 —五〇年目の窯出し—」

映像展示の音楽を作曲させていただきました。

 

映像は京都を拠点に全国、海外でも活躍している企画・制作チーム「シンセキ」代表の山地憲太君。

 

12月14日にオープニングレセプションがあり、一緒に参加させていただきました。

会場に足を踏み入れたとき、まるで映像と音楽が迎えてくれているような展示に

自分の音楽がこういう形で人の耳に届くのかあ、ととてもわくわくしました。

 

 

展示されているちょっと変わった姿の陶器たちを実際に作品を手に取って観ることもできました。

展示作品を触ることが出来るって、凄く珍しいですよね

 

そして実際に作品に触れてみることでその器の重みや形、温度も感じられて

時間が縮まったような感覚があって面白かったです。

 

大学の校舎も見学させてもらえたり、色んな出会いがあり、お話もできて

とても良い時間を過ごせました。ありがとうございました。

 

 

その日の京都はとても変な天気で、雪みたいな雨が降ったり、真っ黒い不気味な雲の真ん前でくっきりと大きな虹が出ていたり

精華大学からの帰りも冷たい雨が降っていたけど、校舎が山の中だからか寒いし真っ暗だったけど

草木や葉っぱ、できたての水たまりとか土の濡れたいいにおいが鼻の中いっぱいに広がって

美味しい、というか、なんでしょうか。あの植物の湿ったいいにおい。

 

とても印象的でした。

あのにおい、音に残せないものかなあ・・・

 

 

 

素晴らしい展示は1月12日迄なのでご興味のある方は是非行ってみてくださいね♩

詳しくは下記リンク先をご覧ください。

 

 

京都精華大学50周年記念展「石黒宗麿と八瀬陶窯 —五〇年目の窯出し—」

 

会期:2018年12月14日(金)~2019年1月12日(土)
休館日:日曜日、12月24日(月・祝)、12月29日(土)〜1月6日(日)
開館時間:11:00~18:00 ※ただし、12月14日(金)は16:00開場
入館料:無料
会場:京都精華大学ギャラリーフロール
問い合わせ先:075-702-5263(京都精華大学ギャラリーフロール)

主催:京都精華大学
協力:射水市新湊博物館/銀座 黒田陶苑/金田正夫(有限会社無垢里)/木立雅朗(立命館大学)/黒石いずみ(青山学院大学)/坂部真理(株式会社環境事業計画研究所)/田畑幸嗣(早稲田大学)/ナワビ矢麻(早稲田大学)/余語琢磨(早稲田大学)
企画:京都精華大学 八瀬陶窯研究会(米原有二/奥村博美/斎藤光/兼松佳宏/中村裕太)
実行委員会:小野公久/木村盛伸/黒田佳雄/鯉江良二/清水保孝/馬場弘吉/原清/森口邦彦

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中